■南郷水産センター!?

~結構長文~

久し振りにゲリラ豪雨ではなく夕立が。
午前中はこれでもか!と言うぐらい晴れていたので、こういう雨は大歓迎です。
U34209843092.jpg
ただ…買い物帰りだったもんで大変だった…。
近くのスーパーで米15キロと他にいろいろ食料を買って(多分5キロ位)
家に帰る途中でした。10~15キロ程度の重さなら歩いて持って帰れるだろ!
と思い、トボトボ買い物に出たのが運の尽き。
死に掛けた…
もーホント冗談じゃ無しに。

まぁそれには訳があるんだ、聞きなよ。
家からスーパーまでさほど無いにせよ、自体重+約20キロは相当きつかった。
ちなみに僕の体重はリンゴ2つ分。
手で持てば指がちょん切れそうになるし、肩に担げば物凄い重圧…。
肩と手を交代しながらやっとこさ自宅の階段まで着いた。

今思えばこのとき止めておけば良かった…。

数ある僕の変な癖の1つなんだけど、
休んだり止めたりしても何のリスクも無い状況の時に
自分で勝手にルールを作る…癖。

解りにくいけど『息止めた状態で歩いてあの電柱まで行く!!』みたいな小学生がしそうなもの。
自分ルールだから別にすぐ休んでもいいんだけど変なポリシーが働き、
そういう時に限って気持ち悪いガッツが放出される。
でも条件が甘いとやる気が出ない。(出来なかったら今日だけパンが食べられない!とかね)
もっと僕の脳味噌にエンジンを掛けさせるような刺激のある条件じゃないと駄目なんだ。

何て言うか…結局思い込みの力なんだけどね…。
でも僕はこういう馬鹿力的なモノに惹かれる。そんな僕の好きなジョブはバーサーカー。

だから決まってこういう時に想定するのは
『身内とか友人とか大切な人が殺されそうになってる』っていうシチュエーション。
この階段を休まず上れば○○が殺されずに済む…!!なんて事を考えながらやってます。
このシチュエーションにすれば結構頑張れるんですよ。こんな僕でもね。

で…話を戻すと、その『身内とか~』シチュで今回頑張った訳です。
ちなみに自宅は5階でそこそこ階段がありまして…流石に、ホント、もう、倒れるかと。
死んじゃうのかな?とか頭に浮かんでは消えて浮かんでは消えて。
何と言うかもう『座る』くらいしか頭に出てこなかったんだよ。

扉を開けて、荷物を置いたらフラフラとした足取りですぐさま洗面所へ
何故洗面所へ行ったか解らないけど、とりあえず水で顔を流し近くに腰掛けた
座っても息切れが止まる様子は無く、頭に酸素が回らなくなり吐き気が襲ってきた。

吐き気の時にクる、独特の寒気で冷や汗が噴出してきて、気温の暑さの汗と
吐き気によるの冷や汗で顔中が霧吹きを掛けられた様にビショヌレに…。

よく「腹を下した時アタマん中で『神様お助け!』とか叫ぶよねー」とか
言いよる連中がおるが…そんなん酸欠とかに比べたら屁じゃ!屁!!腹イテーだけだろ!

とにかく頭を上げてられなくなったので近くにあった箱に頭を乗せ、回復を待った。
傍から見ればその姿はさながら、ちゅぱ衛門。我ながら情けないなぁと思った瞬間だった。
T821372185.jpg
それから1時間くらい経ってやっとまともに動けるようになったので、顔と頭を洗い
リフレッシュして鏡に向かい大反省会を開いたとさ。

運動不足がこれほど牙を剥くとは思わなんだ…。
やせ我慢はたまに死を招く可能性があるからみんなはHODOHODOにね。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム