■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■DoKay!DoKay!

眠ぃなぁ、眠いよう…眠ぃなぁ、眠いよう…眠ぃなぁ、眠いよう…眠い。
390482394000d.jpg
893704298A.jpg
今日はほんの少しだけテンションが上がる。
今日は地元の祭り、藤崎八旛宮秋季例大祭だよ。祭りの日は早起きに限る!

僕はこの祭りに特別な思い入れがある!
中学生の頃、まだ空が真っ暗な時間帯に家を飛び出し、マンションの屋上に上り
何故かそこから祭りの行列をずっと眺めるという悟りを開いたかの様な楽しみ方をしていた。
特に何をすることもなく、肌寒い秋の風を感じながらただずっと空が白むのを待つだけという。

ごく一般的な常識の感覚を持っている人なら、この祭りの楽しみ方はかなりの苦だろう。

一度だけ専門学校の友人を誘ってみたら、
『なんて退屈なんだ!これならゴリラと檻に入ってる方がマシだぜ!』と絶賛してくれた。
かなりの好感触。

僕は『何もしない』が得意。何もしないでその場でずっと待つのは大の得意。
何かとすぐ動きたがる奴やジっとしていられない奴は落ち着きの無い奴だと、
たまに軽蔑する時もある。時と場合と人によるけども。
中学生のくせに悟り開いたような祭りの楽しみ方をしてたけど、
これに意味を説くのはヤボなことだ。


何というかそのくらいの年頃の出来事って何だか妙に印象に残るじゃない?
だから祭りに行くとその頃の強い思い出が甦るんだ。少年の思い出が…。
朝4時から祭りを眺め…何時間か過ぎた頃に友人達と街や河川敷に行ったり。
結構遊んだかと思って時間を確認するとまだ午前10時。
まだ10時かよ!なんて騒ぎながら過ごしたあの頃…。若さって良いなぁ。

いや祭り自体も勿論好きなんだけど
僕の場合、眺めてるだけなんで胸張って好きだなんて語れないのだ。
参加してこそ『祭好き』だと思うんだ。だから大きな声で言えないのだ!


てかもうすぐ8時になると言うのに祭囃子が一切聞こえない…。
暗い時間に始まるからいいのに…これも時代か…。
213213599s.jpg
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。