■なにやっとんじぁアアアアッ!

一年前…

その日、何をして遊んだかは覚えていない。
覚えているのは友人から誕生日プレゼントにペンタゴン&ブラックホールの
四次元殺法コンビマグカップを貰ったことだけだ。

友人達と遊んでその帰り、独りダイエーに寄ってグミを買ったのだ。
いつものように会計を済ませ、変な顔をしながら帰っていた最中…

空からネコの雄たけびが…

空から聴こえたら誰でも驚くよね?
『え~…もしかして俺、HEROSの仲間入りか…?ナンテコッタイ!/(^o^)\』
なんて思ったりしてたけど、どうやら違うようで。

なんと立体駐車場の最上階にネコが!!!


何故分かったかと言うと立駐のフェンス(鉄格子みたいなの)の端にネコ居て、偶然見えたのだ!
(この"偶然"のお陰で俺のHEROS仲間入りの話は白紙になったがそれはまた別の物語である。)

普段はこんな事ホントに首を突っ込まない性質なんだが、
何を思ったかそのネコがいる最上階へ向かったのだ!この俺が!

なんの為に!?ネコの為に!!
…いや…!!人間的な本能、又もっと本質的な何かだ!!

uyt.jpg
最上階に着くとそこにはやはり子猫が。

大変怯えてるらしく近寄ると逃げるのだ!!
しかし俺はいろいろな技を駆使して、やっとこさ力技で非常口に追いやったのだ!!

猛ダッシュで階段を駆け降りるネコ…。

幸い立体駐車場には誰もいなかったが、もし誰かいたら
俺は社会的に終了していただろう!




すぐに最上階の窓から下を覗き込むと、そこに見えたのはダッシュで逃げる獣…。


…だいぶ端折って書いたがその間に掛かった時間はなんと2時間。

途中メールで応援してくれた友人たちよアリガトウ…!
君らのお陰で俺は頑張れた…!
(殆ど『お前の仕事じゃないカエレ』『意味不明マジキモイ死ね』みたいなのばっかだったけどな!)

こういう行動は何だか恥ずかしいし、自意識過剰に感じるけど今回の事で俺は、



何か大切なものを手に入れたに違いないと思いたいような気がしてならないんだ…。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム