■父さん かっこいい!

…何じゃこりゃ…

…何じゃこりゃ。

何じゃこりゃ。何じゃこりゃ!何じゃこりゃ!!

何じゃあこりゃあ!!!!
s-956809845^0656
何じゃあこりゃあああああ!!!!
あああああああああ?!?!?!?!

うわああ!!ださぁぁぁ!!!
怖くねえよ!!!!

こんーなホームカミングから触発されたクリーチャーなんか怖かぁないんだよ!
虫みたいにしたら怖いっていう発想は捨てた方が宜しいな。


前作のクリストフ・ガンズ監督は重度の静岡オタだったから満点だったけど、
今回はどうかなぁ…どうせなら大好きな作品なるようなになっていてほしい。
ゲーム実写化では珍しく最高傑作と呼べる数少ない作品なのだから。

ただ△様の続投はちょっとな…。
3をベースにしているのなら折角だから、
マンダリンやナムボディやらナイスなクリーチャーを起用しててほしいな。
父ちゃんが死ぬかもしれないからもしかしたらミショナリーくらいは登場するかも!

それと『3D』がちょっと引っかかる。
3D演出で作ったらビックリさせるシーンばかりになりそう。それは避けててほしいなぁ。
サイレントヒルは決してビックリ系ではないからね。



まさか柴犬が全ての黒幕だなんて。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム