■髪飾り返してよ!

僕は怖いゲームが大好き。
学生の頃サイレンというゲームを遊んでいたのだけど、これがまた異常に難しい。
だけど小説のように続きが気になるから頑張って遊んでいた。
ゾンビみたいな人たちがやんややんや襲ってくるのだけど、
怖さより焦りの方がかなり上回っていたのでさほど恐怖は感じなかった。

幼少の頃から楳図かずお先生の漫画で育ったので、
物心がついた頃にはよっぽど不気味なものでなければビビる事はなかった。

しかしサイレンの続編…サイレン2を遊んでいる時、
久しぶりに体が拒否反応を起こしたことがある。
怖さのあまりにスタートボタンを押してゲームを中断し、
夕方のニュースに切り替えてしまったお恥ずかしやなエピソードは、
今でも鮮明に覚えている。

いや~今は別にどうってことないけど当時は若かったなぁ~(震え声)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




sireeee2.jpg
もうこの距離で怖い。やっぱ今でも怖いよ。


でも恐怖の中に感動のようなものも感じている。
異形な化け物と作れば怖いってものじゃない。
あまりにもモンスターなデザインは不気味さより他の関心が上回ってしまうのだ!
カッコイイなー!とかへーこうなってるんだー!みたいな、よく分かんないかな?

このデタラメな体のパースが、興奮に近い恐怖を大いに駆り立てる!!
sireeee1.jpg
ギャー!怖い!!本当にもう!その点に関しては僕は必死だ!

確固とした意志のもとに
成り立つ内面の恐怖と
不気味さが現れた
素晴らしいデザインだ。
ドヤ
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム