■モチロンその権利は誰にも渡さんさ

いよいよ夏本番って感じになってきたね。
夏になると当然『虫』をよく目にする。セミやら蚊やらカメムシやらカナブンやら…。

そしてこの蒸し暑い季節になると地面からミミズが出てくるのだ。
地上に出て涼しもうという淡い思いを抱き…。

しかし地上は思い描いていた楽園とは程遠いインフェルノ

そう…地上に楽園など無いのだ。
地上に這い出たミミズたちは予想外の暑さと、人間達のストンピングの嵐に成す術もなく、ただのた打ち回って一匹、また一匹と星になって逝く…。
さながら運悪くウイグル獄長に捕まった囚人のようだ。

早いトコ彼らの遺伝子に『地上に出てもロクな事無い』というDNAが刻まれる事を祈るばかりだ。

そういう訳で、僕は彼らを極力踏み潰さないよう飛ぶ事を選んだ。
IMAGE00292.jpg










そして雨の日も…。
IMAGE0029.jpg
ヤイサホー!ナメクジさん!
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

作者近影

ミタラシ

Author:ミタラシ
邪悪と!友情を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!

その道のプロ

捨て勇 Clock

探せ…この世の全てをそこに…

ブロとも申請フォーム